公園で勉強

歌手や演劇などの芸能活動、あるいはスポーツに将来を見出している青少年にとって、普通高校の勉学とそれらの両立は難しいものです。
日中、勉学に時間を割くことで、せっかくのダイヤモンドの原石も原石のままで終わってしまうことがあります。
そこで、そのような青少年にとって利点が多いのは、通信制高校です。
通信制高校とは、通信による在宅学習で、卒業すれば高校卒業と同等の知識があることを証明できる教育制度のことです。
もともと通信制高校は、いじめや不登校の子どものために作られたという側面をもっていましたが、現在では芸能活動やスポーツを両立したいという青少年や、中学卒業後就職した社会人も数多く利用するようになってきました。
ここでは通信制高校を利用するうえで、いくつかの豆知識を述べていきます。
まずは、学習スタイルです。
通信による学習は、自分で時間割を立てて、自分の好きな時間に学習します。
早朝でも深夜でも時間を選ばないので、各種活動を優先しながら勉学に励むことができます。
次に、単位制です。
通信制高校は単位制といって、卒業に必要な単位を修得することで卒業資格を与えられます。
普通高校のように、一年の学習内容が済んだら、次の学年へ進むという方法ではありません。
単位制は留年という概念がなく、3年でも5年でも自分のペースで卒業単位を取ればよいのです。
最後に、大学進学についてです。
大学受験を考えている場合でも、通信制高校を卒業すれば受験資格が与えられます。
まれな例ですが、特に知能の高い学生はあえて普通高校に進学せず、大学受験は通信で得た高校卒業資格を利用して、他の時間は研究などに励むという例もあります。
以上のように、通信制は普通高校では得られない様々なメリットがあります。
もちろん、普通高校で同じ世代の人たちと勉強や部活活動をし、青春時代を過ごすことも人生の貴重な経験です。
どちらがいいというわけではなく、一つの選択肢として通信制の学習方法があるということです。

オススメリンク

通いやすい通信高校が全国から探せます【通信制高校費用比較君】


鉛筆を持つ手

人目を気にせず進められる

さらに次の利点として、原則、人と会ったりしないものなので、人目を気にせずに勉強を進められるという点があります。
やはり通学ともなれば、どうしても年齢等、周囲と比べて抵抗を感じてしまう部分もあったりしますが、...Read more


鉛筆

通信制を利用して勉強を

最近見直されているものの中のひとつに、「通信制高校」というシステムが存在します。
これはなんらかの事情で高校に通えない人を対象に、卒業資格を取る手段を与えるというもので、実に様々な人達に利用されているもので...Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031